ひまわりの種蒔き*ワンポイント!

夏の風物詩のひまわり🌻
この夏のモクモクからのおたよりの季節にたねでは、この「ひまわり」のたねをお届けしました。

ひまわりの種まきは、とっても簡単!
モクモクでは、プランターとポットにたねをまきました。
園芸担当スタッフの藤林と一緒に。

土は、一般的な「培養土」を準備。
ポットに土を入れたら、たねをまきます。

ここで藤林のワン・ポイントレッスン!

👨ひまわりの種には、上下があるって知っている?芽が出るほうと、根が出るほう。さて、どっちでしょうか?
👩とんがっている方が上で、丸い方が下!
👨ぶっぶー!
👩……😢

そうなんです。
実は、タネには上下があるんです。

たねを割って中を見てみました◎
中はこんな感じ。

先の細い方から根がのびてきます。
つまり、タネまきをするときに、太い方を上にしてまくのが、ポイントだそう◎

ちなみに、太いところは、両端がうっすら黄色をしています。これは双葉。なるほど~。
向きをそろえて植えると同じ方向に双葉が出てきます。

土は軽くかぶせる程度でOKです!

たね蒔き後は、水をたっぷりあげました。
芽が出るまでは、土が乾かないようにします🌱

早く芽がでますように^^

ネイチャークラブ事務局*めぐ