ラディッシュ植えました!

ネイチャークラブ会員のみなさんに送っているタネ
この冬は、ラディッシュのタネをみなさんにお届けしています。
img_5518

ネイチャークラブ事務局でも、ラディッシュのタネを植えました!
モクモクの園芸担当の藤林と共に◎

準備物は、
プランター、園芸用の土、肥料、そしてラディッシュの種。

まずは、土の準備から。
プランターに土と石灰を少し入れて、全体をよく混ぜます。
img_5492 img_5495
ラディッシュはアブラナ科の植物。
アブラナ科の植物はもともとアルカリ性の土でよく育ちます。
今回は、かきがらの石灰を入れました!
堆肥を入れると、もともと石灰分が入っているので、入れなくてもよいこともあるみたいなので、気を付けてくださいね*

土が完成したら、タネを蒔くための穴をあけます
均等な感覚で、指を使いながら…

img_5498 img_5499
ちょっと欲張ってたくさん空けすぎてしまいました!

穴をあけたら、タネを蒔きます
3粒づつ蒔くことが多いのですが、今回は1粒にしてみました。

img_5508
これが、ラディッシュのタネ*
小さい石みたいですが、タネの世界では大きいほうなんですよ!

img_5501
どこに蒔いたかわかりますか?
まわりの石のほうが大きくて分かりづらいですが…
真ん中よりちょっと右にちょこんとあります。

タネを蒔いたら、優しく土をかぶせます
img_5502 img_5506
どれくらい土をかぶせたらいいの?という人のために!
目安は、「タネの大きさの3倍」です。
他の植物のタネの時にも言えることなので、ぜひ参考にしてください^^

そして、ネイチャークラブ事務局では、水やりの前に
こちらを土の上にかぶせました。
img_5509
もみ殻です。

モクモク手づくりファームがある阿山地域では、冬がとっても寒くて厳しいので
ラディッシュが凍えないように、お布団をかぶせてあげました!
土が見えないくらいにパラパラと。
img_5510
最後は、水やり
シャワーにして水をたっぷりあげました。

img_5517
最初の土は乾燥しているので、
プランターの下から水が出てくるまでしっかりと。

そしてお日さまのよく当たるところに置けば、OKです!

さて、ネイチャークラブ事務局のラディッシュが出てくるのはいつ頃でしょう?

伊賀では、明日から厳し~い寒さがやってくるみたいなので
ちゃんと出てくれるか少し心配です…。

みなさんもぜひ、ラディッシュ育ててみて下さいね◎
また、成長記録をのんびり更新していきます!

ネイチャークラブ事務局めぐちゃん