どろんこ広場の稲の成長報告

先月の6/27・28に開催されたどろんこ広場の「田植えイベント」。

あれから1ヶ月。その後の苗の成長をご報告いたします!

苗もすくすくと成長しています!

 

 

今の田んぼの様子です。

わかりますか? 田んぼっぽくなっています!

苗が成長し葉も茂って色が濃くなっています。

 

 

これが植えて数日後の苗。

 

これが現在。

 

 

比べてみると色の違いが分かりますね。

背丈も大分伸びてしっかりと太くなっています。

 

植えてすぐは苗も弱く、葉もやわらかいので、強い風や水の量が多く水没しかけて

しまうとそのままダメになってしまうのですが、小まめに水の調整を行い、

1ヶ月も経つとしっかりとした強い苗に育ってきています。

今年は雨の少ない梅雨なので、各地でも水不足に悩んでいる農家さんも多いよう

ですが、伊賀の地はそこまで問題にならず、無事に育っています。

 

田んぼの様子をよく見てみると・・・

たくさん泳いでいたオタマジャクシも大きくなり、カエルの鳴き声がたくさん

聴こえています。オタマジャクシがいなくなる頃には、エサにしていた他の

水生昆虫の数も減り、徐々に夏の風景になってきています。

田んぼは「無農薬」で管理していますので、雑草がたくさん生えてきます。
(基本無農薬ですが、苗が病気になった際は薬を撒く場合もあります)

苗がしっかりするとしばらくは大丈夫ですが、次の山場は夏の台風です。

苗がぶんげつ(イネ科などの植物の根元付近から新芽が伸びて株分かれする事)を

過ぎて背丈が伸びてくると苗自体の体力が弱い場合は台風によって倒れてしまいます。

倒れて折れてしまった苗はその段階で成長が止まり、秋になっても稲穂をつけず

お米が収穫できなくなってしまうため、台風の時期は農家さんもとても気を使って

いるのです。

 

そうして無事夏を越えた稲はたくさんの穂をつけ収穫へと向かいます。

秋にはどろんこ広場でもイベントとして「稲刈り体験」を開催予定ですので

秋の味覚を収穫しにお越しいただければと思います。

 

引き続き、苗の成長をお届けしていきますね!

 

ファーム企画 こーぢ