田んぼの学校 田植えの回 報告

待ちに待った「田植えの日」!

00

前回は、午前中が雨だったので、予定を変更して午後のみの開催。

田植えの日は、ばっちりいい天気でした。

お手製の日よけタープも大活躍!

田んぼの学校としては2回目。

まだおたがいの名前を覚えていないので、

お気に入りのもちより本の紹介から、はじめの会がスタート。

04_2

今日の絵本は、『おむすびさんちのたうえのひ』。

今日の日にぴったりの絵本でした。

01

さて、例年より広い田んぼ。

限られた人数と時間でどうやって苗を植えきるか。

秘密道具は、『田植え枠』。

これを転がしていくと、横30cm縦20cmの格子模様が田んぼに現れます。

十字になったところに、苗を植えていくための目印つけです。

02_2

03

ある程度準備が進んだら、おそるおそるはじめての入水。

田んぼに慣れてきたら、おうちでお世話をしてきた苗を、田んぼに植えていきます。

05

06

08

09

10

11

田んぼに顔を近づけて植える『手植え』はとっても楽しい作業。

ですが、今年は田植え機に乗って、農業の機械にも触れました。

12

昼休み、お弁当を食べて、午後の作業に向けて充電!

13

予定通り作業が進んだので、午後からは作業分担。

手植えゾーンを仕上げる人、

田植え機に乗る人、

そして使った道具や苗箱、プランターをきれいに洗う人。

意外に苗箱洗いが子どもたちに人気だったのは、

水路の水が冷たくて、気持ちよかったからかも?

14

15

16

17_2

18

おわりの会、日直さんが今日の感想をひとこと。

そして、今日の田植えでどのくらいの収穫をめざすのか、のミニレクチャー。

慣行農法のベテラン農家さんは1反8俵。

田んぼの学校は1.6反→12.8俵。

1俵=60kg→12.8俵=768kg。

ベテラン農家さんで、768kgが目標になります。

田んぼの学校は、×60%で460kgを目標にします。

無除草剤、無農薬、無化学肥料。

はじめての育苗での苗づくり、月1回のお世話。

おいしいお米がたくさんとれるようにがんばっていきましょう!

19

20

21

22

報告:こまつ