春の遠足~ぶた肉と働くことについて~

モクモク遅咲きの桜の花が少しずつ開き始めている平日は、遠足の学生で園内はにぎわいます。

「食」の話と、「働く・仕事とは」についてお話をという依頼をうけ、

三重県伊勢市の中学2年生100名にお話をしました。

お天気がよかったので、やぎ・ひつじ、豚などをとなりに青空教室。

D7k_9210

みなさんは食べることが好きですか?

ソーセージ好きな人?

ソーセージは主に豚肉からできること。

その豚肉にもいろんな種類があるということ。

食用豚はなにを食べて大きくなるのか、生後何日で出荷されるのか、

モクモクの園内のミニブタはなにが違うのかなどのお話を。

Photo_42316_16_34_17

Photo_42316_16_34_45

実際に隣にいる食養豚の姿をみながらのお話。

私たちは生きるために、豚の命をいただいているんです。

「おいしい肉をありがとう」

「かわいそうな気がする」

「なんかいやや。。。」

調理された豚肉を食べるときには、なにも思わないけれど、実際に生きている豚を目の前にするといろんな感情が。

それも大事なことです。

肉の部分以外にも、豚は無駄なく全部を使えるんだよ。

毛も、皮も、顔も、足も、骨も全部。

内臓とか血も!?

そこに先人の知恵が隠れているんだよね。

1

そんな話をしながら、モクモクで働く人の話も。

同じ「モクモク手づくりファーム」という施設でも、たくさんの人がいろいろな役割をもって働いています。

どんな職種があって、それぞれどういう仕事をしているのか。

働くというのは、一体どういうことなのか。

経験談を交えながら、お話をさせていただきました。

D7k_9209

話の後は、お弁当を食べ、動物と触れ合い、ウインナー工房でウインナー作りを見たり、

手づくりウインナー教室で自分たちの手でウインナーを作ったりと、盛りだくさんの一日。

ただ食べるだけでなく、話も聞き、実際に見て触れ合い、そして体験しながら「知る」ことが大切だと考えています。

モクモクでは、いろいろな工房があり、だからこそ分かること、伝えられることがあります。

食を学ぶ校外学習、ぜひお気軽にご相談くださいね。

食育企画 渡辺